都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

終戦

M1グランプリの決勝に進み、ネタを2本用意してたんだけど、もう一本までは準備しておらず、刀折れ矢尽きたって感じです。

PKかぁ〜。クロアチアは前回のロシア大会で2度のPK戦勝利を飾っていました。

ああいうの、日本人は苦手です。責任感のプレッシャー。

蹴る順番を立候補制にしたことを、森保監督はどんな顔で呼びかけたのでしょう?

ベスト8を目指すため、スタッフにメンタルトレーナーを入れるべきと思います。監督も肝が据わった人を。

もう一つ。

激戦後のインタビューの受け答えが、揃いも揃ってバカっぽかった。それはボキャブラリーの貧しさです。多分、教科書も含め、本を読んでいない人が大半なんでしょうね。学生言葉の延長線上にありました。だけど、サッカーだって戦術理解のため、頭を使うハズ。フィットネスを鍛えると共に、頭を働かせるように指導すべきです(炎上覚悟)。

W杯の解説で、過去のレジェンドがいろいろ出てくるけど、総じて落ち着きがないのは、そのへんが関係しているような気がしました。あれじゃ、説得力がない。PKみたいな状況で、冷静になれないのは、そういうところにもあると思います。