都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

箴言

今朝は、CX系『ボクらの時代』から。
俳優の水谷豊氏が、女優の草笛光子さんに「どうして結婚したの?」と聞かれ、恥ずかしそうに「よく覚えていない」と言いながら、アインシュタインの名言を引用したのです。

  「ある偶然の出来事を維持しようとする不幸な試みを結婚という」

うーん、深い。
紛れもない物理学者は、哲学者でもあったわけです。

アインシュタインのエピソードにこんなのもあります。
ズボラな彼が、友人から「服装に気をつかってはどうか」と言われた際、こうやり返したそうです。

  「肉を買った時に包み紙の方が立派だったらわびしくはないか」


一流の演者は、いろんな一流と付き合ううちに、感じ取るものがたくさんあるってことです。
水谷氏しかり。
ところで、私の友人は、結婚についてこう語っていました。

  「人生の墓場なんていう人がいるけど、墓場ではない。だけど、牢屋だと思う」