都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

優勝するのは?

巨人がダメだけど、もっとダメなのがタイガース。
このチームはFAに頼りすぎたため、高齢化が進み、リーダーとなるべき生え抜きの選手が育ちませんでした。
城島は代打で使えばいいのに契約の関係か、一塁で使おうとするもんだから、ブラゼルが外野なんて話になってます。
投げられない金本がレフトを守っているのだって問題なのに。
穴だらけの守備陣。高齢化でスタミナに問題がある主力選手。選手層の薄さ…。
クライマックス進出は難しいでしょう。
捨てられた子犬のようなベイスターズは、最下位間違いナシ。
投打にわたり、駒不足が否めません。
昨年のドラフトで高校生ばかり指名して、即戦力を取らなかったことを中畑監督はどう思っているのでしょうか。
カープは先発陣にドラフト1位投手を揃え、久しぶりにAクラスが狙えそうです。
後ろも今村が成長し、ミコライオ・サファテでリーグ屈指の陣容が整いました。
問題は、中畑と同じ大学出身の監督にあります。
攻撃型布陣だと言って、三塁堂林・左翼ニック・右翼会澤なんてやってますが、それでは何のための広いホーム球場と整備された投手陣なのか分かりません。
しかも、ちっとも打たない。
一刻も早く、守備優先のオーダーに戻すことを条件に、三位としておきましょう。
スワローズは先発投手が揃っており、小川監督の安定した采配により、連敗しないチームとなりました。
相川・宮本と精神的な支柱となる選手がいるのも心強い。
ただし、選手層の薄さはいかんともしがたく、二位止まりと見ました。
トップが替わったドラゴンズですが、ここは権藤ヘッドコーチの存在が大きいです。
もともと投手が整備されていただけに、安定した闘いぶりに磨きがかかると思います。
特に、新人の田島投手が浅尾・岩瀬の負担を軽いものにしてくれそう。
やはり高齢化したレギュラー陣ではありますが、圧倒的なディフェンス力で、シーズンを乗り切るものと見ています。
ズバリ、優勝。

以上、1位中日2位ヤクルト3位広島4位巨人5位阪神6位横浜が私の予想です。
どうでしょう?