都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

百足

田舎には、人間の数が少ない代わりに、そのほかの生き物が多いという特典が付いています。
この梅雨の時期、目立つのが“ムカデ”です。
好物がゴキブリってところは好感が持てるんだけど、人間にも向かってくるのがどうも…。
何せ、毒を持っていますから、噛み付かれて応急処置を怠ると、後遺症が酷いです。
腫れるなんてもんじゃない。
同じ噛み付き系でも、マムシやヘビは家の中まで入ってくることは、滅多にないんだけど、ムカデは違います。
隙を見ては、どんどん入ってくる。
なので、普通、刺されます。
田舎の人は、痛さと怖さを知っているのです。

ムカデは、人前に姿を晒すと、惨殺されます。
多分、北朝鮮よりも嫌いだと思う、田舎の人は。
運動会で、“ムカデ競争”ってのがあるけど、やらないねぇ、田舎の人は??