都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

雨上がりの夜空に

「この雨にやられて、エンジンいかれちまった~♪」

クルマも年を取ると、あちこちにガタがきます。
週刊宝石』の「中年オヤジが乗ってカッコイイ車ベスト5」という特集記事の中で、岩城滉一の愛車だというだけの理由で購入した“PTクルーザー”も14年目に突入し、あちことに変調が見られるようになりました。
今度は、エンジンの冷却パイプが朽ちて、オーバーヒートを起こす惨事に。
ちょうど高速を下りたところだったので、大事には至りませんでしたが、そこそこ重症です。
しばらくは、代車ホンダ・ライフのご厄介に。

軽自動車は乗りなれていないので、新鮮な気付きの連続です。
燃費がいいのは、この時代、重要なポイントですね。
しかしながら、乗り心地がなんとも。
高速を走る気がしません。
そして、公道で他車に舐められること、舐められること。
煽られて、結構、怖い思いもしたりします。
田舎道にはいいんだけど、まあ、一長一短です。

「こんな夜に、お前に乗れないなんて~♪」