都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

猪木のプロレス

アントニオ猪木は、対戦する相手が無名の外国人レスラーの場合、たくさんの技を受けることから試合を始めます。

まず、相手のいいところをたくさん見せておく。

だから、最初はやられっぱなしです。「あれ、大丈夫かな?」そう思わせておいて、やおら反撃に出る。その強いこと、強いこと。

つまり、相手の力が10だとして、オレはもっと強い12だぞと。3の実力にしか見えない相手に勝ったとしても、猪木の強さは伝わりません。そりゃあ、相手が弱いからねぇとなってしまうってことです。

 

プロレスが面白いのは、ワンサイドゲームがないからです。必ず接戦になるので、興奮するという仕掛けです。

そういうのを八百長だという人がいるけど、それは視点が違う。勝ち負けじゃなくて、鍛え上げられた身体の強さを見るのが通というものです。

試合中の「10分経過」のアナウンスを合図に、バタバタと決着がつく。それこそが興行なのであります。施設の撤収時間は10時までだったりしますからね。

プロ野球はここのところが問題で、台本がないから、段取りが悪い。放っておくと、終電なくなったりします。それはダメでしょう。

点差が開いた試合というのも緊張感がなくて味気ないものですよ。いくらファンだって、弱すぎる相手は正視に堪えません。

 

今年のカープは、93試合を闘って、5点以上差がついたゲームが32試合で13勝19敗。

ちなみに昨年の5点差ゲームは、シーズン143試合中33試合の17勝16敗。

この数字こそが、ファンのストレスの源なのであります。

いやぁ、よくありませんね、興行的に。こんなことを繰り返していると、お客さんが離れていくのは時間の問題です。

だからと言って、まさか台本を書くわけにはいきませんから、ルールの見直しを考えた方が良いように思います。

イニング数を7回までにして、延長戦は無制限ってのが私の改革案なんだけど、どうでしょう?