都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

へーこー(2014/6/29分再掲載)

「大体、あちらの方向から臭いました。とても傷付きました」
  「確かに私がやりました。カルビーのおさつクッキーだから、ちょっと甘めのです。でも、ニラのやつは知りません。他の人だと思います」

満員電車では日常茶飯の毒ガス問題。
時効だから告白すると、私はサラリーマン時代、二ヶ月に一度のペースで通算で百回以上はこいています。
いえ、特別におかしな体質だったわけじゃありません。
なぜ、そう言い切れるかというと、その数千倍は、被害者になっているからです。日常屁飯。
大勢いると、誰がやったか分かりませんからね。

「だけど、近くにいた人は分かるでしょう?」

ある程度は。
だから、そういうことはしそうもないって容姿が重要です。
キョロキョロしないこともポイントかも。

「うん?くせーな。誰か、ヘーこきやがった」

攻撃は最大の防御とばかり、こんなセリフで打開を図ろうとした猛者がおりましたが、こういう態度もまた微妙でありまして…。
犯人探しのため、視線が交錯するのもヘンだし、笑っても目立っちゃうし、そもそも犯人だし。
だから、次の駅に停車して、何となく空気が変わるのを待つのです。

多分、都議会はそんな感じなんだろうなぁ。
開いた肛門が塞がらないねぇ!?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2014年6月18日の東京都議会本会議において、みんなの党塩村文夏(現参議院議員)が女性の妊娠・出産についての東京都の支援体制について質問を行っていた最中、男性の声で「自分が早く結婚したらいいじゃないか」「産めないのか」といったやじが飛び、議場ではこれに同調する声や笑いが起きました。誰が言ったかは、なかなか分かりませんでした。