都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

イライラの理由

応援するチームにイライラするのは、チャンスに打たないからです。残塁が多いのを無策だと思い、監督の能力に結びつけて考えるのではないでしょうか? プロ野球のオフィシャルなデータの中に、残塁数という項目がないので、ヒット数を得点数で割って、セ・リーグ各チーム過去6年の得点効率を計算してみました。

 

      2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年

 ヤクルト  2、08       2、34       1、96       1、80        2、07       1、92

 阪神    2、31       2、03       2、12       2、25        1、95       2、14

 巨人    2、32       2、22       2、01       1、87        1、92       2、10

 広島    1、96       1、81       1、77       2、08        2、04       2、32

 中日    2、36       2、43       2、15       2、25        2、32       2、68

 DeNA            2、11       2、06       2、11        1、97        2、09       2、17

 

この数値が2を切ると、優勝に近づきます。逆に、今季の中日のように、2、68ともなると、防御率一位の投手力を持ってしても、どうにもならないってことが分かります。

広島は、ヒット3本でも点が入らない野球盤みたいなゲーム運びなので、Bクラスを抜けることができませんでした。

ちなみに、今季パ・リーグ唯一の2点割れは、ロッテの1、88です(2位はソフトバンクの2、08)。オリックスは2、12で、この数字が悪過ぎるので、優勝は無理だというのが結論であります。どうでしょう?