都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

苦情ネギ

唐戸市場の『I商店』は、ウニ販売の専門店として知られていますが、最近、ショーケースの一番見やすい場所に置いてある品物に“メキシコ産”の札が掲げられるようになりました。
行政の指導によるものだそうです。
お店には、もちろん県産のウニもあるのですが、こちらは値段が1.5倍から2倍ほどで、なかなか売れません。
だから、メインは海外モノとなっているものの、表示がメキシコだとねぇ、南のイメージ、海産物にないし。
その後、売上げがどうなったかは聞いておりませんが、やりにくくなったのは間違いないことでしょう。
それを使っているのは、ウチのお店なんだけど、原産地表示を義務づけられると困りますね。多分、県産のやつを買って、値上げすることに。


阪急阪神ホテルズが、傘下のレストランで実際のメニューと異なる食品表示を行っていたことを発表し、大騒ぎになっています。
虚偽ではなく、誤表示だと。
こういうのは拡がりますね、ほかの店にも。
そして、行政が動き出す。
当店の場合、『とれたて刺身定食』ってのがありますけど、イカ・タコ・サーモン・マグロ・エビは冷凍モノのことも多いし、だからと言って『ほぼとれたて刺身定食』と変更するのもヘンだし…困ったものであります。