都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

すべらない話

その昔、保険会社で山口県の責任者を拝命し着任すると、周南市青年会議所(JC)に入会させられました。JCは「明るく豊かな街づくり」をテーマに掲げ、40歳以下の主として若手経営者や地域のリーダーを目指す若者の集まりで、徳山では親の会社を継ぐ二世のボンボンが多かったです。だから、金持ちが多い。バブル期でもあり、領収書をもらいながら、彼らは飲み歩くのが常でした。付き合うのは結構大変です。

 

ある夜、徳山でも一番高いと思われる高級店へ行った時の話です。入店すると、お客さんよりも多い綺麗なホステスさんに囲まれ、圧倒されているところ、仲間の一人がお決まりの台詞を発します。

 「この人、〇〇保険の支社長。しかも、独身!」

当時は、(特にJCでは)田舎で30過ぎの独身者が本当に珍しく、私はそのワンパターンでいじられまくってました。

お決まりのように、女性陣は言います。

 「エーッ、どうして」

どうしてなどと聞かれても、しっかりした理由なんてありません。面倒くさいので、そういうときは、ちょっとシナを作ってこう言います。

 「俺、これなんだよ」

 「ワー、ウッソー(ドカーン)」

何が面白いのか、そういうやり取りをみんなで楽しんでおりました。斎藤さんのハゲネタみたいな感じ。

 

30分ぐらい、たったころ、着物を着たキングオブ美人が登場します。ママです。

 「いらっしゃいませ」

新規客の私に目をつけたのでしょう。「あ、どうも」と軽く挨拶した私から、じっと目を離しません。

「なんかモテちゃうんだよね、独身だと」と思いながらも緊張感に耐えられず目を逸らすと、

 「わかります?」

と聞いてきました。「エッ」何を言ってるのか、さっぱりです。

 「私のこと、わかります?こんな格好だから、わからないかもしれないけど…。私、同じマンションに住んでるんですよ。昨日もエレベーター

 で一緒になりました」

なるほど、私のマンションは、家賃がちょっと高めで(と言っても当時10万2千円、地元の人はみんな持ち家ですから)、水商売系の人が多く住んでいました。その日、東京から転勤でやってきた部下が、借家が見つかるまでの連日のホテル暮らしが気の毒なので、私の自宅へ誘い、肉でも食おうと誘った、昨日はそんな日です。

 「若い男の子と一緒でしたよね。スーパーからの買い物帰りで。おネギが覗いてたからすき焼かなって思ったんですよ」

 「シーン」

その場が静まり返ったのは、言うまでもありません。よくできたホントの話です。

 

翌日、行きつけのお店に夕食を獲りに行ったところ、ポーズを取りながら開口一番。

 「若ちゃん、『これ』なんだって!?」

うーん、田舎の人々、恐るべし!!