都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

諸行無常

豊田町で和食のお店をやっていたとき、器にこだわりを持って、萩焼の茶碗や刺身皿、湯飲みを使っておりました。

光沢が違うからか、わかる人にはわかります。

そこそこの重量感があって、安定しているため、お客様が割ってしまうことはありません。

割るのは、パートのおばちゃんが洗っているとき。洗剤で滑りやすくなるからです。

その場合、経営者のセリフに真価が問われます。

「怪我はなかったか?」

ここのところで、職場の人間関係が決まる。言っちゃダメなことは、言っちゃダメなんです。

 

よく割ってしまう人は、仕事が早い人。

ゆっくりの人は、失敗しません。洗わない人は、絶対割らない。

そういうことも含めて理解するのが経営者なのであります。

 

ジャイアンツの選手二人から、陽性反応が出たので練習試合が中止になったと発表され、それは誰だとネットが大騒ぎになりました。

まるで犯人探しです。

だけど、こういうときは、気遣う言葉が最初になければいけません。

ダメな理由を追求するばかりだと、世の中は荒んでいくのであります。