都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

小島よしおとは?

現在、コントグループで最も評価が高いのは、東京03の三人組だと思います。

小劇場から始まって、各地でライブを繰り返し、今ではチケットがなかなか入手できないほどに。

感心するのは、公式ホームページで惜しげもなく、自分たちの舞台を公開しているところです。

新ネタをセブンイレブン並みのペースで作り続けるので、平気なんでしょうね。それがCMだと考えれば、安いのかもしれません。

 

彼らの何が面白いかと言うと、3人のキャラが立っていることと言葉選びのセンスの良さ、顔芸。そして何よりも、筋立てがしっかりしていることです。

日常に起こるちょっとした「カンに触る」をどんどん拡げ、みんなのあるあるに繋げていくのが常套手段でありまして、ポイントは、必ず空気を読まない、読めないキャラ設定を登場させること。

なるほど、普通はイラッとしても、顔には出さないようにして生きていますもんね、それが日本人。

そうかそうか、顔ですね。表情を変えないのが国民性だと言うのは、みんなが空気を読むからこその結果でありました。

 

ベトナム人日本語教育では、動機付けを重視して、いろんな教材を使用してきました。

その中で、東京03のYouTubeを視聴させたのですが、今ひとつピンと来ないようです。笑いのツボが違う。空気が違う。

これが、高コンテクスト文化たる所以なのであります。

大袈裟な表情ではなく、目の動きや口元の緩み、眉毛をちょっとだけ動かしたのも見逃さないのがコミュニケーションスタイルだなんて、理解するのは難しいですね。

だからこそ、面白いんだけどなぁ。

「そんなの関係ねぇ」と言う人は、KYなのであります??