都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

交流戦

近年、セ・パの実力差が言われており、それが顕著に表れるのが交流戦です。

過去15回中、パ・リーグの優勝が12回。通算で、1,098勝966敗と、大幅に勝ち越しています。

ところが、セ・リーグが本拠地となったゲームでは互角に戦っていて、負けているのはパ・リーグの主催試合。つまり、DH制の試合でやられているのが分かりました。

実際、今年で見ると昨日までがセ・リーグの9勝5敗2引分けと好スタート。本拠地開催のDHなしですからね。しかしながら、指名打者を採用した本日のゲームは3勝3敗です。

本日、セ・リーグ指名打者として起用された選手と成績は、以下のとおりでした。

 

阪神   サンズ  5打数1安打1打点1本塁打

広島   坂倉   5打数1安打0打点 

中日   福留   2打数0安打0打点

DeNA        ソト   4打数0安打0打点

ヤクルト 青木   4打数1安打1打点

巨人   スモーク 3打数0安打0打点

 

一方、パ・リーグは、こんな感じ。

 

西武     栗山     5打数1安打0打点

ロッテ    レアード   4打数2安打3打点1本塁打

日本ハム   近藤     3打数2安打4打点  

楽天     島内     4打数1安打1打点 

オリックス  ロメロ    5打数2安打1打点1本塁打

ソフトバンク バレンティン 3打数2安打3打点2本塁打

 

顔ぶれは、さほど変わらないのに、ここまでハッキリ差がつくのは、リズムなんでしょうね。ベンチにずっと座っていると、次の打席に向かうときに、調子が狂ってしまう。そんな気がします。セ・リーグは、早いとこ、DH制を導入した方がいい、そう思います。