都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

カウント論⑥

フルカウントの打率は.204 に過ぎませんが、四球が2,410個あるので出塁率でみれば.443 と跳ね上がります。

投手側からすれば、3ボールとなる前に決着をつけるべきだというのが分かります。

3-2まで持ち込んだ打席の多い上位10人を並べました。

 

1位 村上(ヤク) 98打数19安打 打率.194  7本塁打 52四球 48三振 出塁率.473 

2位 浅村(楽天) 80打数17安打 打率.213  4本塁打 45四球 33三振 出塁率.496 

3位 丸(巨人) 64打数14安打 打率.219  0本塁打 50四球 23三振 出塁率.561 

4位 中村奨(ロッテ) 63打数12安打 打率.190  2本塁打 37四球 17三振 出塁率.490

5位 阿部(中日) 67打数12安打 打率.179  0本塁打 32四球 22三振 出塁率.444 

6位 近藤(日ハム) 60打数16安打 打率.267  1本塁打 36四球 9三振 出塁率.542 

   佐藤輝(阪神) 74打数16安打 打率.216  2本塁打 22四球 38三振 出塁率.396 

8位 西川(楽天) 58打数14安打 打率.241  0本塁打 37四球 23三振 出塁率.537

9位 島内(楽天) 60打数12安打 打率.200  2本塁打 32四球 17三振 出塁率.478 

10位 大山(阪神) 63打数11安打 打率.175  2本塁打 27四球 30三振 出塁率.422 

 

三冠王の村上がフルカウントに持ち込んだ打席が150とダントツです。

ボール球に手を出さない選球眼の良さと、相手投手が苦労している様子が窺えるデータです。

それと、近藤の打率と出塁率の高さ、それに三振の少なさが目立っており、投手から見てイヤらしい打者であることが分かります。

楽天はランキングに3人が並んでおり、チームとして粘り強い攻撃を目指しているのでしょう。

(つづく)