都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

運が転がるとき

学生時代、一番仲がよかった友人のMは、すごくいいヤツなんだけど、圧倒的なコワモテで、本人もそれを自覚してか、冬の夜でもサングラスして歩く硬派でした。
何故、そんなことしてるかと言うと、目つきが鋭すぎるからです。
つまり、常に闘おうと気負っているアンチャンを刺激しやすいから。

「何、見てんだよ!」
普通に歩いていても危険がいっぱいなんですね。
だからの、サングラス。
夜なんか、よく「暗い」とボヤいていましたから、大変だったでしょう、怖い顔の維持管理は。

いいことだってあります。それは…

 

あるとき、金曜日でしたが、彼の運転で錦糸町のあたりを走っておりました。
そして、彼はこうつぶやきます。

  「そういや、今日はチャンピオンの発売日だったな」

数10メートル先の売店に漫画雑誌の陳列を見つけると、車線変更及び急ブレーキ。
哀れ、左レーンを走行していたバイクが、これに巻き込まれました。

  ガッシャーン

高校生っぽい童顔の少年は、ひっくり返って裂傷を負い、バイクはミラーが割れて車体も歪んだ様子です。
あちゃー、これは面倒なことになったわい。
ちょっと前の安全なところにクルマを停めて、友人はひっくり返った少年に近づきました。
このとき、意外な光景が。

  「ご、ごめんなさーい(ヒィー)」

なんと、出血している被害者が謝るではありませんか。
時代劇で、お武家さまに一方的に謝る農民のシーンを見た感じがするけど、まさか現実の世界でねぇ。
ちなみにMのクルマは、廃車寸前のボロ車で、へこんだといってもどこだか分からないほど。
一方、少年のバイクは…
うーん、もしかしたら、もう乗れないかもしれません。

  「大丈夫ですか?」

と、これはコワモテの友人。あんまり大丈夫じゃないと思うけど。

  「いえ、全然、平気です。ごめんなさい(ブルブル)」

断っておきますが、Mは極めて冷静かつ紳士的に臨みました。
ただし、サングラスを外したもんだから、余計に威圧したのかも、天性の目つきで。
“とにかく私のことはいいからどっかへいなくなってもらいたい”オーラが出まくっていたので、お言葉に甘えました。

 

運転は、運です。

こっちがちゃんとしていても、ぶつかるときはぶつかる。

ぶつかった相手も運です。

世の中には、想像を超えた人がいるし、実際はそうでもなかったりする。
あの少年は、今ごろどうしているんでしょうか?