都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

多動性

自慢じゃないけど、私には集中力というものが欠落しています。絶えず、気が散っている状態。誰かと話していても、傍にいる人たちの会話が魅力的だと、耳がそっちの方へ行ってしまう。通知表には、よく“注意力散漫“と書かれていました。

 

そういう人が、絶対に上手くなれないスポーツがあります。それは、ゴルフとボーリング。両競技とも、仲間に後ろから見られている感じが、集中できない主な理由です。ゴルフが上手い人は、ボーリングも上手い。集中できるからです。

そういえば、野球の打席でも投手に集中できませんでした。ベンチや応援席に気が行ってしまう。三振したら、どうしよう。それは、ボーリングで投げ終えた後、どんな顔をして振り返るべきかを考えるに同じ。誰と戦っているんだか?

間があるスポーツは、どんどん雑念が入るので、どれもダメでした。

ベンチから「集中しろ!」なんて檄を飛ばす松木安太郎みたいな人がいますが、どうなんでしょうね。そんなアドバイスが耳に入ること自体、集中できていないってことだから。

うーん、集中するってどうすればいいんでしょうか?集中したことがないのでわからない!?

 

ゴルフがキライなのは、下手なのもありますが、それよりも数えられないのが理由です。自分がいくつ打ったかがわからなくなる。そもそも、みんな、そういうところ、本当にちゃんと数えられて、ちゃんと申告しているのでしょうか?

私の場合、4つまでは何とかわかるものの、それ以上だと怪しくなります。ましてや、10を超えでもしたら。

それで、下手くそな上にセコいだなんて言われたらイヤだから、多めに申告することになる。

かくして、ただでさえ酷いスコアが無茶苦茶になります。

コースへは、10回以上出てますが、一度も150を切ったことがありません。ゴルフですよ、ボーリングじゃない。もっとも、自分で乗っけてますからね、逆ハンデ。こんなこと続けて何が楽しいんだか、楽しくありません。

 

飲食をやっていたとき、ご飯を炊くのが私の仕事でした。

地元で獲れたブランド米をが菅まで大量炊きするのが売りの定食屋でしたが、一つ問題が。

それは、計量カップです。5つ以上だと、わかんなくなりますからね。数えている途中に、雑念が入ると、わかんなくなります。『時蕎麦』みたいな話。落語だと、意図的に誘導されてしまうんだけど、私はそれを一人でできます。その瞬間を笑ってもらえないのが残念だねぇ。