都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

ここがヘンだよ讀賣ジャイアンツ

日本シリーズで4タテを喰らってボロクソに言われておりますが、何と言っても全試合DH制を受け入れたのが致命的でした。

それは普段、打席に立たない投手に負担になるからで、ソフトバンクのマイナス材料となるものを消してしまったからです。頼みもしないのに。

セ・リーグ指名打者制度の導入をというのが原監督の持論でしたが、それをそこに持ち込んではダメでしょう。

慣れない京セラドームの使用といい、負ける要素が整っていきました。藤井聡太が相手なのに、駒を落として闘う感じ。側近に冷静な知恵者がいないと、こんなことが起こるのであります。

 

確かに、ほとんど打つことがない投手が打席に立つと、球趣はそがれます。

指名打者の存在があれば、守備が下手でも打力に特化した選手がレギュラーとして試合に出場できる。

余力のある先発投手が試合展開に左右されず、投げ続けることができる、などメリットは多いです。

そこで思いました。

いっそのこと、アメフトみたいに、攻撃と守備とで陣容を変えてはどうでしょう。そうすれば、プロのレベルが一気に上がります。新庄みたいな選手も守備だけなら、まだまだやれるかも。面白いと思うんだけどなぁ。