都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

普通の女の子に戻りたい

何せ将棋部だったので、いわゆるアイドルみたいなものには、ほとんど興味を持っていなかった私の学生時代ですが、少し上に南沙織天地真理、同学年(今日、初めて知りました)にキャンディーズ田中好子、少し下が山口百恵ピンクレディーと、同年代の男の子は、結構夢中になっていました。

当時は、ネットのない十人十色の時代、テレビが正義なので、それを信じて同じ趣向を持つ安心感があったように思います。

だから、制作サイドの意向に沿って、いろんなスターが作り込まれておりました。わかりやすいメロディラインに、ちょっとだけ複雑な振り付けで小中学生は友達と覚えるのに夢中になります。雑誌やCMがそれに被せて、売り出すと決めたら、一大プロジェクトを組んで徹底的。選択と集中が時代のキーワードでありました。

乗せられたタレントは、大勢の生活を背負っているので酷使されます。

なので、頑張る人ほど消耗が激しくなり、引退するために活動するような不思議なモチベーションがあったような気がします。

今の若いタレントが、長い人生設計を語るのは、割と自由に楽しくできるからでしょう。コスパもいいし。

 

本日、NHKで『伝説のコンサート 我が愛しのキャンディーズ』をやっておりました。

なるほど、超ミニスカートでステージに上がり続ける抵抗感や肉体の限界に迫るスケジュールなどを考えると、気力を維持し続けるのは並大抵のことじゃなかったことでしょう。風邪で休むことさえ出来ないわけですから。グループで活動するのは、ホント、大変だと改めて思います。

それにしても、そんなに歌が上手いわけではないものの、そこそこ可愛いし、そこそこハモってるし、そこそこセクシーだし、いつもニコニコしてる、そして、そこそこ面白い、簡単にイヤだって言わない。何より、ゆっくり喋るのが、ズルくないという性格の良さを窺わせる。そりゃ、人気出ますわ。楽曲に恵まれていたのが最大の勝因でもありました。

見事な引き際も、素晴らしい。

取り巻きが良くて、本人たちの資質が掛け合わさると、スーパースターが出来上がるということが良くわかりました。