都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

クランクイン

先日、BSでヒッチコック監督の『サイコ』という映画をやっておりました。

今から60年前の白黒の作品ということもありますが、世の中はこんなに不便だったのかと思わせます。気になって、しょうがない。たったの60年前なのにねぇ。

当時は斬新だったとされる映像表現もピンときませんでした。

変質者が主人公とはいえ、今の時代、もっとおかしな人がたくさんいます。

車で移動するシーンは、車外の景色が流れていくだけのもので、キングオブコントを見ているようなチープな感じ。

本質とは、全く関係ないんだけど、こういうのは、黒澤作品でも同じです。昔が過ぎると、本筋が入ってこない。

時代の変化のスピードに、ただただ驚かされます。たった60年前なのにねぇ。

 

相場英雄氏の『クランクイン』(双葉社)を読みました。

いつもは、警視庁捜査二課を中心に知能犯罪との闘いを描く同氏ですが、今回は映画製作にまつわる話です。

広告代理店やテレビ局・新聞社が立ち上げる製作委員会が、必死に資金調達することや、小説が映像化されることで、増刷が見込める出版社。

撮影に至るまでの事前準備。アイドルタレントのキャスティングの是非。業界における古い因習やその知恵。

作家というのは、一冊を書き上げるために、事前にいろんなことを学習するということが、よーくわかりました。そして、監督も。

ヒッチコック様、大変失礼いたしました。