都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

ネガティブ思考

今年のサッカー日本代表のW杯前の国際試合戦績は、以下のとおりです。

1/27(木)    アジア最終予選 日本○2-0中国(埼玉)
2/1(火)      アジア最終予選 日本○2-0サウジアラビア(埼玉)
3/24(木)    アジア最終予選 日本○2-0オーストラリア(シドニー
3/29(火)    アジア最終予選 日本△1-1ベトナム(埼玉)
6/2(木) キリンチャレンジカップ 日本○4-1パラグアイ(札幌)
6/6(月)      キリンチャレンジカップ 日本✖️0-1ブラジル(国立競技場)
6/10(金)    キリンカップサッカー 日本○4-1ガーナ(神戸)
6/14(火)    キリンカップサッカー   日本✖️0-3チュニジア(大阪)
7/19(火)     EAFF E-1 サッカー選手権 日本○6-0香港(茨城)
7/24(日)     EAFF E-1 サッカー選手権    日本△0-0中国(愛知)
7/27(水)     EAFF E-1 サッカー選手権    日本○3-0韓国(愛知)
9/23(金)     キリンチャレンジカップ 日本○2-0アメリカ(ドイツ)
9/27(火)     キリンチャレンジカップ 日本△0-0エクアドル(ドイツ)
11/17(木)    国際親善試合 日本✖️1-2カナダ(アラブ首長国連邦

 

負けたのが、ブラジル(FIFAランキング1位)チュニジア(30位)カナダ(41位)、引き分けがエクアドル(44位)それにW杯予選敗退の中国(79位)ベトナム(96位)です。

勝ったのが、アメリカ(16位)韓国(28位)オーストラリア(38位)サウジアラビア(51位)ガーナ(61位)それにW杯予選敗退のパラグアイ(47位)中国(79位)香港(145位)でした。

24位の日本がランキング上位に勝ったのは、アメリカ戦のみ。

ランキング下位に負けたのは、チュニジア、カナダ。エクアドル、中国、ベトナムにも引き分けています。

つまり、たまに番狂わせが起こることもあるけど、総じてランキングは実力を反映しているように思います。日本はそれほど強くない。守りは固いけれど、攻め手を欠いているのがチームの特徴と言えるでしょう。

ドイツ戦は、日本の布陣が隙だらけの前半にスタミナを消耗した上から目線の油断したドイツに対し、ヤケクソで変更したシステムが思いがけず機能し、浅野選手による100回に1回のまぐれ当たりが宝くじ的にヒットしたのが私の見立て。柳の下に二匹目がいるとは思えません。

コスタリカは31位。チュニジアの一つ下です。

応援する気持ちはあるんだけど、一喜一憂して上げたり下げたりするのは、趣味じゃないんだなぁ。