都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

外国人監督

交替枠を使い切らなかったことと、練習でもほとんどやったことがないパワープレイを指示したことで、ザッケローニ監督が集中砲火を浴びています。
サッカーでは、負けたときの責任が見えにくいので、選手よりも監督に対しての批判が強くなるわけで、歴代、誰がやったときも、同じような感じになりました。
そんな意味では、日本人よりも外国人が一定期間の契約のもとに、雇われて来るほうが、いいような気もします。
つまり、関係者が外にいるので、傷付く人が少ない。
だからこそ、しがらみがないので、全く新しい絵が描けるってこともあるでしょう。

そこで、参加32チームの監督とFIFAランキングを調べてみました。
(カッコ内は監督の国籍)

<A組> 3位ブラジル(ブラジル)
     18位クロアチアクロアチア
     20位メキシコ(メキシコ)
     56位カメルーン(ドイツ)
<B組> 1位スペイン(スペイン)
     14位チリ(アルゼンチン)
     15位オランダ(オランダ)
     62位オーストラリア(オーストラリア)
<C組> 8位コロンビア(アルゼンチン)
     12位ギリシャポルトガル
     23位コートジボアール(フランス)
     46位日本(イタリア)
<D組> 7位ウルグアイウルグアイ
     9位イタリア(イタリア)
     10位イングランドイングランド
     28位コスタリカ(コロンビア)
<E組> 6位スイス(ドイツ)
     17位フランス(フランス)
     26位エクアドル(コロンビア)
     33位ホンジュラス(コロンビア)
<F組> 5位アルゼンチン(アルゼンチン)
     21位ボスニア・ヘルツェゴビナボスニア・ヘルツェゴビナ
     43位イラン(ポルトガル
     44位ナイジェリア(ナイジェリア)
<G組> 2位ドイツ(ドイツ)
     4位ポルトガルポルトガル
     13位アメリカ(ドイツ)
     37位ガーナ(ガーナ)
<H組> 11位ベルギー(ベルギー)
     19位ロシア(イタリア)
     22位アルジェリアボスニア・ヘルツェゴビナ
     57位韓国(韓国)

32チーム中外国人監督を起用しているのは14チーム。
どちらかといえば、下位のチームでありました。
面白いのはコロンビアで、コスタリカエクアドル・ホンジェラスと近隣の三ヶ国に監督を送り込んでおり、レベルの高い地域でも、戦術面をリードしていることをうかがわせます。
もっとも、当のコロンビアを率いるのは、アルゼンチン監督なんですけどね。

この世界で生きていくためには、国外での経験値が大きいのでありましょう。
いつか、日本人が海外の監督にってことも…。
順番が逆かぁ?