都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

白星発進

山中湖畔に『リールカフェ』というこじゃれたラーメン店があります。

テディベアミュージアムに隣接する立地の良さもあって、行列ができるほどの話題のお店。

ここのチャーシューが絶品で、クセになり、近隣の県から通って来る人も数知れず。なかなかです。

欠点は、品出しが遅いこと。20分以上は待たされます。ラーメンなのに。

もしかしたら、意図的なのかもしれません。行列の演出。店側が気にならなければ、そういうのもアリだと思う。待っている間に、蘊蓄を載せたメニューでいろんなことを考えさせて、食べる前から、また来ようと思わせます。こんなとき、ネットのグルメ情報が援護射撃。そうだよね。

 

二ヶ月半も待たされたプロ野球の開幕で、昨夜は興奮しました。

無観客だと、少々の雨でも遠慮なく強行するってことも、面白いですね。

そんなとき、コールドゲームを意識し過ぎて、早打ちしてはダメ。攻撃が雑になります。

 

カープは大瀬良。ベイスターズは今永。エース対決は、雨の影響で30分遅れで始まりました。

キャンプの時点で決まっていた対戦なので、準備の時間がたっぷりあったものの、分析の違いから両チームの明暗がハッキリ分かれたと言えるでしょう。

それは、投球数に表れています。

今永投手は、5回までに93球。大瀬良投手は52球です。

一般的には、1イニングを15球で終わらせるため、そこを巡っての駆け引きがあるわけですが、随分と差がつきましたね。

相手がエースの場合、早めにマウンドから降りてもらいたい。

だからこその2ストライクアプローチです。

そのためには、三振を怖がらない。それを徹底することが、チームとしての戦略なのです。

 

もう一つ。初球からガンガン振っていくよりも、最初のストライク、何を投げたかのデータがあったほうが、コースや球種を予測しやすくなる。AIとジャンケンを続けたら、勝てないでしょう?そういう視点もあるのです、今どきのデータ野球。

評論家が「野球を知っている」などと言うのは、そういうことです。頭も使わないとね。

 

ベイスターズの外国人野手3人が、全員右打者だというのも気になりました。

4番を任される佐野選手がしっかりしないと、一本調子になってしまう。

ハマれば、パワー全開です。殴り合い上等となると、カープ三遊間の守備力が問われます。

昨夜は、守備固めで入った三好選手のスーパープレイがありましたが、あれがなければ、どう転んでいたかは分かりませんでした。

今季のカープ浮沈のポイントは、三塁手の起用だと思います。