都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

空飛ぶタイヤ

WOWWOのドラマが面白いのは、CMがないので特定の企業に配慮することなく、堂々とタブーに挑戦しているからです。

役者についても、地上波のような芸能事務所とのしがらみが少ないので、実力のある演技派が多く起用されていることに好感が持てます。

加えて、映画のように時間枠にとらわれることがない。連ドラとすることで、原作に近づけていくことが可能なのです。

だから、作家への受けがいいんです。小説で話題になった作品が、タイアップ企画のようにすぐにドラマ化されていきます。

 

先週はUー NEXTで『空飛ぶタイヤ』を観ました。

この作品は、三菱自動車リコール隠しを題材としたもので、銀行の貸し剥がしやマスコミの隠蔽関与など、企業の暗部にザクッと斬り込んでいます。さすがは、半沢直樹池井戸潤氏による原作です。後味も良く、スカッとしました。

95点、これは、ほぼ満点の評価です。面白かった。