都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

感染列島

ちょっと前に『コンティジョン』というパンデミック映画を取り上げましたが、今回は2009年に公開された邦画『感染列島』を紹介します。

この映画は、日本において新型ウィルスが蔓延した場合、どのような事態になるかが描かれています。ワクチンはもとより、有効な治療法が見つからず、ついには院内感染が起こる。いわゆるエグいクラスターです。コロナなんかと違って、致死率が極めて高く、劇中では国内で一千万人を超える死者が出ていました。何せ、感染源が分からないため、風評から養鶏場が疑われたり、イジメ・暴動が起きたりで、人々は皆、冷静でいられません。重傷者に対応できる機材が不足して、トリアージ(患者の重症度・緊急度によって治療の優先順位を決めること)なんて問題も取り上げていました。

映画の中では、このウィルスのことを「ブレイム(神の責め苦)」と呼んでいました。

今のコロナについては、この映画の影響を受けている人も多いかと思われます。

だけど、ブレイムとコロナの致死率を比較すると、一千倍の開きがあり、また、感染源もある程度は抑えられているので、極端に恐れることはないと考えております。

ワクチンも打たずにいようと思うんだけど、あまり言わない方がいいのかなぁ。