都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

襲名犯

ミステリー小説の登竜門といえば、何と言っても江戸川乱歩賞です。

西村京太郎、森村誠一東野圭吾桐野夏生池井戸潤

歴代の受賞者には、なるほどと頷かせる錚々たる作家が並んでおりました。

これは、お笑い芸人なんかもそうだけど、定年がない業界では上が詰まっているせいか、若手が育ちません。

医者もそうだし、政治家もそう。

相撲なんか、北の富士が解説を辞めないから、いつまでも変わり映えがしない。

小説業界も、なんだか停滞しておりまして、ハッとするような新鋭作家が育っていないのが現状です。

 

『襲名犯』(竹吉優輔著・講談社)は、第59回江戸川乱歩賞受賞作品ですが、最後まで読み切るのに苦労しました。

その理由は、登場人物に魅力がないから。

思い入れを持って、読み込んでいけないのが理由だと考えられます。

ストーリーに技巧があるのは分かるんだけど、キャラが弱いとでもいうんでしょうか、冷めながら読んでいる自分に気づいてしまいます。

そうかそうか、文章が上手いかどうかもあるけど、登場人物を応援するような気持ちが湧かないと、興奮しないものだというのが分かりました。

それ、結構致命的。70点です。