都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

左を制する者はセ界を制す?

球界の30、3%を占めるサウスポーですが、これを昨季セ・リーグ投手全投球イニングス7515回のうち、どのくらい投げていたかを調べてみたら、なんと2498、1回つまり33、24%にもなっていました。全体として、左腕投手の能力が右投手を上回っていたことになります。

 

次に、ホームランを打たれた投手を左右別に見てみると、セ・リーグ754本塁打のうち左腕投手からのものが243本で32、23%でした。

これは、左ピッチャーが投げた方が、ホームランのリスクが低いということです。左投手が投げ込んでくるインコースに戸惑う右打者も多いようで、その投手の持ちダマによっては、左対右が投手有利ってこともあるようです。

両リーグの規定打席到達打者の左投手を相手にした打率は以下のとおりです(*は左打者)。


  【セ・リーグ】    【パ・リーグ

1位 桑原(横).362      1位 *近藤(日).365

2位 牧(横) .346      2位 *吉田(オ).345

3位 *佐野(横).341  3位 荻野(ロ).338

4位 宮崎(横).331      4位 *柳田(ソ).314

   鈴木(広).331      5位 *森(西) .313

6位 *坂倉(広).324   6位 杉本(オ).311

7位 *村上(ヤ).316   7位 レアード(ロ).310

8位 大山(神).313      8位 *鈴木(楽).296

9位 坂本(巨).312      9位 *栗原(ソ).292

10位 オスナ(ヤ).311  10位 *島内(楽).287

 

セ・リーグベイスターズの選手が上位を独占しました。規定打席には達していないものの、オースティン選手も.284を記録しているし、右のパワーヒッターであるソト選手もいる。これでは、なかなか左投手を起用する気になれません。他球団は神経質になっているハズです。

何故そんなことが起きるかというと、今永・濱口・エスコバー・砂田・東・石田・坂本とベイスターズには優秀な左腕が揃っているわけですが、DeNAの打者たちは、彼らを相手にしなくて良いからだというのが大きな理由と思われます。

面白いのはヤクルトのレギュラー陣が高い数字をマークしていること。それぞれ右投手と左投手との対戦成績を列挙しています(*は左打者)。

 

    【右投手】    【左投手】

塩見  .266  12本塁打  .302   2本塁打

青木* .246    6                  .280   3

山田  .254  21                  .308  13

村上* .257  27                  .316  12

サンタナ.282  13                  .309    6

中村  .272    0                  .293    2

オスナ .236    9                  .312    4

西浦  .215    1                  .234    4

 

全員が揃って右投手の時より打率が上がっています。このケースは、指導者の教え方に秘密があるような気がしています。このチームに対しても、迂闊に左投手を出せません。

 

パ・リーグ規定打席に達した29人のうち、21人が左打者です。そんな中で、上記の10人は、全てが右投手よりも左打者からの打率が高くなっています。つまり、左投手を克服できた打者こそが一流の証ってこと。これもまた、興味深いデータです。