都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

先生、どうかみんなの前でほめないで下さい③

最近、若者を中心にじわじわウケているお笑いユニットが、日大芸術学部を母体とした『ダウ90000』の八人組です。

ラーメンズや東京03の系譜を継いだシチュエーションコントを追求しており、20歳前後の男女が織りなす人間模様は、ダチョウ倶楽部と対極にある笑いであって、あらゆる世代に向けていないのが今風なのかもしれません。若い人の文化やコミュニティを理解していなければ、全く面白くない。逆に、若い人から見れば、大多数の若者を体現するそれに理解を示さないと、仲間外れになってしまうような怖さを持ち合わせているのです。若者にとっては、大人からどう思われようと関係ない。キョロキョロしながらも、出来るだけ大勢がいるようなポジションを取っているのが、ライフスタイルのようです。

かく言う私は、若者側に日和って、そういうものを理解しようと背伸びしてます。心情的には似てるのかもしれません。

若い人へ向けて価値観を広げていくと、自分がなくなっていくようなところもあって、なんだかなぁと思ったりするのであります。

(つづく)