都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

ナンバーワン

“こしまき”とでも言うんでしょうか?
本にくっついている帯状の推薦コメントです。

  「驚愕、感動、喝采!!全国の書店から反響が止まらない!」
  「この作品に出遭えた以上、今年読む本はもう全部ハズレでもいい」
  「これは映画化は無理だ。小説ならではの大スケール!」
  「590ページという長さをまったく意識させない大傑作!晩飯を抜いてでも買って読むべし」
  「読書界も騒然!面白い物語なら、ここにある!」

ウーン、凄いですね。
ここまで書かれたら、読まざるを得ません。
何って『ジェノサイド』(高野和明著・角川書店)。

で、読みました。

これが、ホントに凄かった。
まるで、映画を観ているような、迫力とスピード感。
一つひとつの場面から、イメージがどんどん拡がっていきます。
これ、読むしかないでしょう?
って言うか、読んでください。
ホントに凄いスケールです。
いるんですねぇ、天才が。

読まないと後悔しますよ。
それほどの逸品です。