都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

モータリゼーション①

私がお店を閉めて帰るころ、路上教習のクルマに遭遇することが多くなっています。
春休みですからね。
高校卒業に合わせて、急ぎ免許を取ろうとする若者は、この時期に殺到しているようで、田舎暮らしに自動車が必須なのを改めて実感しています。
よく話題に上るのが、「もしクルマがなかったら」で、カントリーライフはクルマの出現により、飛躍的に便利になったと分かります。
そこで、乗用車保有数の世界ランキング(2010年・世界自動車統計年報より)を調べてみました。

  1位 アメリカ 118,947千台
  2位 日本    58,347
  3位 ドイツ   42,302
  4位 イタリア  36,751
  5位 ロシア   34,797
  6位 中国    34,430
  7位 フランス  31,300
  8位 イギリス  31,258
  9位 ブラジル  25,500
  10位 スペイン  22,300

なんと、中国が6位。インドは圏外でした。これって…
日本で暮らしていると、飽和状態にさえ思えるクルマは、これから先、無限の可能性を秘めたマーケットでありました。
高田純次はタイヤが四個だと適当ですが、ぶつかりそうになったら止まるだとか電気で動くだとか、ゴルゴ13には水で動くクルマを考えてるって書いてありました(ホントかねぇ?)。
しかしながら、こんな数字を見ると、国が自動車業界を贔屓するのに納得です。
TPPねぇ。

(つづく)