都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

パ・リーグ順位予想

今度はパ・リーグ

  1位 オリックス
  2位 ソフトバンク
  3位 西武
  4位 楽天
  5位 ロッテ
  6位 日本ハム

バッファローズは、投手陣の層が圧倒的で、その中に加わった田嶋(新人王間違いなし)の存在が大きく、今年はやってくれそうな気がします。打線の中心は、三年目を迎える吉田正尚。フルスイングによる圧巻の長打力が魅力で、過去二年、故障に泣いたうっぷんを一気に晴らしてくれるでしょう。ギニア人の父を持つ宗佑磨のブレークも間違いないところ。彼のスピードがオリックスの野球を変えるでしょう。
ホークスは、投手陣がなんとなくくたびれているように感じます。そうした沈滞ムードは若手による突き上げが弱いから。打線も同じで、二軍の指導を変えるか、人事交流を見直すか、刺激を加えたほうがいいように思います。要するに、マンネリってこと。
ライオンズは、不思議なチームです。FAで、人材がどんどん流出しているにも関わらず、戦力がそれほどには落ちません。今年は野上が巨人へ出て行ったものの、人的補償で高木勇人が加わり、むしろ得をしたと感じているのは私だけでしょうか?
イーグルスは、オコエと内田がレギュラーに加わると、チームの雰囲気が一変すると思われます。しかしながら、その持続性が疑わしい。オコエのことなんだけど、何か気が散っているような気がして信用なりません。
マリーンズは、戦力が不足しています。駒が足りない。このチームこそ、ジャイアンツを自由契約となった村田を獲るべきだったと思いますが…案外、シーズン途中で移籍したりして。
ファイターズの現場は、気の毒でなりません。FAでの流出はともかくも、給料が上がったからいらないみたいな話になると、どうなんでしょう?これが、会社であれば、職場の空気は推して知るべしです。もう一点は、捕手の盗塁阻止率の低さです。昨シーズンは、なんと2割を切りました。まさに走られ放題。大野が中日へトレードされたのには、そんな背景があります。なので、昔在籍していた実松(巨人)・鶴岡(横浜)を呼び戻しました。簡単だねぇ。栗山監督は、どう思っているのでしょうか?

普通に考えたらソフトバンクなんでしょうけど、ちょっと穴を狙ってみました。
シーズン開幕が楽しみです。