都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

更生学院

社会的な地位が高い人は、もちろん飲酒運転なんてしません。
それは、失うものが大きいからです。
「ビール一本ぐらい大丈夫」なんて言ってるのは小物と決まっています。
平気で万引きしたりするのは、アホだから。
お預けができない犬みたいなものです。
我慢できないのが残存幼児性、つまりアホなんです。

脳が育っていないときに、親元を離れて入寮した場合、よっぽど注意深く見守る教師や先輩がいない限り、判断力は上がらないでしょう。
いけないことほどやりたくなるし、楽しければいいと思ってしまう。
レギュラー9人のうち、8人が大阪出身で1人が沖縄出身。
そういう環境にあって、たまに里帰りすると、地元中学の仲間に会うのがどんなにか楽しいことかは想像に難くありません。
そして、その嬉しさをブログに書いてしまう。
本当にアホです。

だけど、高校生でお酒を飲んだことがない人の割合って、どのくらいなんでしょう?
だからこそ、監督や教師は誇りと責任について、普段から諭しておかなければならない、そう思います。

ダルビッシュ日本ハム入団前に、タバコを吸いながらパチンコしていた話を思い出しました。
身長196センチであの顔ですよ。
もう、誰が見たってダルビッシュじゃないですか。
その高校生が、堂々と喫煙。
アホなんです。野球ばかりだから。


身体が成長しているときには、心や脳も同じように鍛えないと、バランスの悪い思い上がった人間に育ってしまう。そういう教訓でした。
甲子園の常連校は、慌てて自チームを見つめなおしているんじゃないかな?