都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

プロ野球最強のベストナイン

誕生後70年以上が経過するプロ野球の中で、時代を超えたオールジャパンを選出する。
こうした夢の企画が『プロ野球最強のベストナイン』(小野俊哉著・PHP新書)です。
選手のデータをさまざまな切り口で分析し、比較検証していく緻密な作業に感動を覚えました。
そのポジションと打順は、以下のとおりです。

  8 福本豊
  4 千葉茂
  3 王貞治
  5 藤村富美男
  DHチャーリー・マニエル
  9 張本勲
  7 山本浩二
  2 野村克也
  6 松井稼頭夫

大リーグで活躍するイチローゴジラ松井、それにミスタージャイアンツである長嶋が選ばれていないのは、それだけ福本・藤村・山本の成績が優れていたということ。
落合はポジションがねぇ…。
守備の能力については反映されにくいので、攻撃面では妥当な選考といえるでしょう。
投手については、飛ぶボールなど時代による影響があまりに大きいので、時代ごとに選出されています。

  1リーグ時代
      ビクトル・スタルヒン
  50年代 稲尾和久
  60年代 村山実
  70年代 江夏豊
  80年代 大野豊
  90年代 斎藤雅樹
  00年代 ダルビッシュ有

そして、中継ぎ・ストッパーは、役割が違うので別に選んでいます。

  中継ぎ 久保田智之
  抑え  佐々木主浩
      岩瀬仁紀
      藤川球児

金田や江川・野茂が選ばれていないのも、論理的に説明しています。
時代を超えたプロ野球を存分に楽しみました。