都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

野球狂の詩

山田太郎という打者は、高校時代に通算打率7割5分の成績を残しました。

これは、4回打席に立つと3回はヒットもしくはホームランという夢のような記録で、まさにマンガのようなお話です。

実際に、豊福きこうという人が、その著『水原勇気0勝3敗11S』(情報センター出版局)で、作品中に描かれたすべての打席を計算した結果、好敵手にあって凡退した打席を含めると、達成不能であることが証明されておりました。

しょっちゅう出塁していたイチロー選手でさえ、4割超えはついぞなかったわけですから、さもありなん。

だけど、夢を追い求めるのがマンガの世界なので、それでいいのです。

 

藤村甲子園は、ドラフトで巨人に1位指名されたのを嫌い、カンニング東京大学へ入学しました。

いいですね、バカバカしくて。

こういう突き抜けた発想がマンガなのです。阪急に1位指名されたのがイヤで、法政大学へ行くのとは次元が違います。

 

景浦安武は、ホークス一筋で62歳まで現役を続けました。

3年連続三冠王だし、打率4割超えだし、もう何でもあり。

こういうのって、刺激されるんでしょうね。三浦カズは、いくつまでやるんでしょうか?マンガを超えて欲しい。

 

いずれの主人公も、ジャイアンツに行かないのが素晴らしいです。

現役の選手が劇中にどんどん登場することで、プロ野球人気を側面から支えていた水島新司氏が筆を折りました。81歳ですか。仕方ないですね。

これからは、ファンとしてゆっくり楽しんでください。