都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

事故顕示?①

私の愛車は、クライスラー社のPTクルーザーというクルマで、現在は生産されていない希少種です。
何故、そんなクルマを選んだかというと、『週刊宝石』という雑誌のコーナーに徳大寺有恒のコラムがあって、「中年オヤジが乗ってカッコイイ車ベスト5」のタイトルで、第2位にランクされていたからです。
岩城滉一が乗っているとも。
なんだかクラシックカーみたいなデザインで、確かにカッコイイ。
クルマは性能よりもデザインだ(前のクルマはいすずのピアッツア)と思っていたので、迷わず決めました。
乗るものじゃなくて、見るものだと。
これ、あんまり出回っていないので、東京でも目立ってました。
目立つのスキです。
で、乗り続けること11年。そのまま豊田町へやって来ました。
まぁ、これは目立つというよりも完全に浮き上がっています。
スピーカーはないけれど、選挙カーと同レベル。
だから、あちこちで見られる。
ちょっとすれ違っただけで、人物を特定される。
ひき逃げなんて、絶対に出来ません。
乱暴運転も。
前のクルマがトロトロ走っていても、追い越しなんてしたことないんです。
名前、割れてますから。

でも、こういうクルマは田舎で乗っちゃいけないのです。

(つづく)