都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

床屋談義

「連休は忙しいですか?」
  「うちは観光地ですからね、一年中で一番忙しいです」
「どれはいいですねぇ」
  「それが、あまりよくないんですよ。忙しいと、(パートの)おばちゃんの機嫌が悪くなる」
「うちなんかも夫婦でやってるでしょう。頭に来るようなことがあると逃げ道がない、もういけません」
  「カットショップですね」
「(笑)それでも、うちの場合、予約が中心だし、接客できる人数に自ずと限りがあります」
  「飲食店はねぇ、お客様をどんどん入れちゃうんですよ、できもしないのに」
「だからと言って、スタッフを大勢用意しても、来なかったら困りますしね」
  「経営者としては、ギリギリの人数で、忙しいのを前提にしたくなるんです」
「なるほど」
  「ただ、いい点は、そこそこ流れのある街道筋に出店していれば、新規客をゲットできる」
「床屋は正反対ですね、リピーターばかり。一度、店を決めたら、なかなか変わらないから」
  「そうですね、それに、在庫がないってのも、羨ましい」
「だけど、先細りになる不安はありますよ、新規顧客獲得は難しい」
  「だったら、客単価を上げる方法を考えればいい。白髪染めとかシャンプーとか育毛剤とか」
「お客様としっかりコミュニケーションを取れますからね」
  「マッサージチェアなんかも置いてみるといい。マッサージはキーワードかも」
「美容室なんか、ネイリストを置いているところもありますね」
  「人口減少社会では、単純な拡大戦略は無理なんです。だから、アライアンス(提携)が重要なんだ  けど、得てして単純に捉えていることが多い。例えば、がん保険なんかは、他生保や銀行・郵便局と  の提携に一生懸命だけど、それだと自前の代理店が育たない。本当は、各地に代理店のショップ展開  して分身を作り、異業種のタニタオムロンと共同で事業を進めるのがいい」
「それって、やってないんですか?」
  「発想できないでしょうね。業界は視野狭窄なんです」
「最近は、スーパーの中にお店があるようですが」
  「保険ショップを、保険の相談をする場所と定義してるけど、世の中で保険のことを本気で聞きた   がってる人なんて、むしろおかしいと思う。それが常識」
「聞きに行こうなんて、思ったことありません」
  「だけど、ほとんどの人は健康に関心がある。だから、ショップを健康情報発信基地と定義して、仕  事を進めることが大事なんです。まずは、集客しなきゃね」
「うーん」
  「散髪業界の場合、千円カットなんて出てきてるけど、それとは何が違うかを明確にしたい」
「気持ちの良さってことでしょうか」
  「そう、リラックスできること。情報交換が可能であること」
「そこのところが強みであると」
  「なので、床屋さんも、専門分野はもちろん、睡眠や運動も含めた健康情報を抑えておきたい」
「なるほどねぇ」