都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

裏口入学

「人の顔をいつもさかさまに見ているんだよね」

友人から聞いた歯医者さんあるあるです。
もうひとつ。歯学部の生徒の大半は、親が歯科医なんだそうです。
親が歯科医だと、共通してやることがあります。
それは、小さいころからの虫歯ケア。
かくして、多くの歯科医は、ちゃんとした虫歯体験がありません。
だから、子供の患者に対する共感性が薄い。なるほど。

歯科医に限らず、医者は全般に世襲的なところがあります。
頭脳明晰が遺伝するってのもあるでしょうが、所詮、二分の一ですからね。
お金が拠り所となっているのも、周知の事実。
卒業後もいろんな形で関わっている、そういうものなんでしょう、きっと。

文科省のお偉いさんが、補助金申請の見返りに息子の入学を工作したとして逮捕されました。
これ、なんで分かっちゃったんでしょうね?
地検の特捜部が、そんなところまで手を伸ばしているなんて?
おそらくは、その子供、相当にポンコツだったのでしょう。
だから、どう考えても納得がいかない、となり、ざわざわと。

こういうケース、政治家も含めると、たくさん出てくるように思います。
なんか、むかつくんだよなぁ。