都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

グンジさんの言い分

いやぁ、すごい試合でした、昨夜のボクシング統一世界戦。
最後まで、クリンチがほとんどないドツキ合いで、ハチに刺されたみたいに両目を腫らしながら打ち続けた八重樫選手が立派なら、それを正面から受けて、的確なパンチを放った井岡選手の勇気も近年にない、凄味のあるものでした。
それにしても、いつからなんでしょうか、解説者が採点しなくなったのは。
確かに、メインの解説が鬼塚・内藤の両氏で、ゲストで辰吉氏が出てきたときに、こりゃダメだわと思いました。
次の言葉がなかなか出ずに、感嘆詞や擬態語・擬音語が会話の50パーセントを超えると、最早、放送事故の領域に入ってしまいます。
日常会話が成り立たない。
この業界に、プロの評論家はいなくなっちゃったんでしょうか?
経験者は試合中、喋らないから無理なんです。
グンジさんが、懐かしいねぇ。