都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

東京差別

『ダーツの旅』で、ロケ車が走ってくると、村人は嬉しそうにしています。

この機を逃すまいとばかりに、ありったけを見せようとする。バカにされまいと、必死です。だから、お土産も持たせようとします。

都会の視聴者は、田舎の人は素朴でいい人が多いと思っていることでしょう。

だけど、田舎の視聴者は、その媚びた感じやもっさりした雰囲気に、小さくため息をついています。

「あんなこと言わなきゃいいのに」「うちの方がもっとスゴい」

 

都会が田舎に対して優位に立っているのは、ボリュームの違いからです。

人口だったり、予算だったり、機会だったり、選択肢だったり。

しかしながら、クォリティについては、劣っているとは思っていません。

だから、そこの部分では張り合おうとします。

ナメてもらっちゃ困るって感情を絶えず持っているのです。

 

木綿のハンカチーフは都会の絵の具に染まるなと言っているし、前川清は東京を砂漠だと言う。

田舎の人は、本当はキラいなんです、都会の人が。東京の人の上から目線が。

東京でコロナの感染者が増大しているのは、我慢なく、欲望のままに生活しているからだとも思う。

だから、こっちへ来るなと。

うーん、田舎の人には、夜の街って、理解できないだろうな、ずっと。