都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

濁音について

ワイドショーのコメンテーターで、李相哲という人がいます。

中国生まれではあるものの韓国人の両親のもとで育ったので、言葉は韓国語の方が達者なんでしょうか。ペラペラの日本語には、ちょっとだけ違和感があります。

それは、語頭の濁音が言えてないってこと。

「大統領」→「たいとうりょう」「残念」→「さんねん」「伝統」→「てんとう」

という具合です。これが語中に入った濁音は、きちんと発音されます。

「伝統文化」→「てんとうぶんか」

何故そんな風になるかというと、韓国人の耳には、濁音が区別されずに聞こえているからだそうです。

子どもの頃からの習慣で、そういう耳になるってこと。「金閣寺」「銀閣寺」⁇

面白いですね。

民族によって、聞き取れる音が違うという話。
日本人が苦手な英語の「th」もそれと同じです。

ベトナム人は、総じて「リュックサック」が発音できませんが、言語によって音声・音韻的な相違があることを押さえておかねばなりません。

 

日本語のルールに「連濁」というのがあって、これも外国人学習者を惑わせます。

連濁とは、二つの語が結びついて一語になる(複合語)際に、後ろの語(後部要素)の語頭の清音が濁音に変化する連音現象のことです。

例えば、「学習机」「生花」「宝石箱」など。

ところが、後ろの語に既に濁音が入っている場合、この規則が当てはまりません。

「地方新聞」「大トカゲ」「民間企業」

これをライマンの法則と言います。で、例外は「なわばしご」です。

なんてこと、日本人は意識せずに使い分けておりますが、これを理論立てて説明しようとすると、非常に難しい。

言葉というのは、考えすぎると、前に進めなくなるってこともあるんだよなぁ。