都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

たけくらべ

近隣に両替を行う環境にない(つまり、山間の一軒家)当店では、お釣りの用意について、細心の注意を払っています。
いえ、小銭なんぞは眼中にありません。
たくさん置いておけばいいのだから。
問題は、大きいほう。
五千円札なんです。
これがなくなると、枚数を間違う可能性が高くなるし、何よりお客様から見苦しいと思われるんじゃないかと勘繰ってしまうのです。
何度も数えるのって、なんだかね。
だから、私の場合、一万円札になってしまった途端、紙幣に価値を見出せなくなってしまいます。
「2,300円の請求に対し、一万円札を出されたから、7,700円のお釣り。やれやれ、また五千円札が消えていった」と。
なので、閉店後は、明日のために五千円札を調達すべく、お釣りをもらうための買い物をします。
そんなとき、お釣りに五千円札を用意していないお店に会うとガッカリです。
もう二度と行かない、なんて思ったりして。
こんなこと考えてるのって、私だけですかねぇ?

逆に、五千円札で払ってくださるお客様はありがたい。
「ごせんえん、ありがとうございます」って??