都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

ゲームコントロール

黒田投手の男気復帰で、前年比30%アップの観客動員を果たし、カープ人気はますますヒートアップしております。
こういうのに乗っかれば、雑誌の売り上げも伸びるわけで、『週刊ベースボール』は再三にわたって特集を組み、『別冊カドカワ』も二年連続のカープ応援本を出版、最近では文藝春秋の『ナンバー』が黒田博樹をテーマに誌面を作っておりました。
世の中がジャイアンツ一辺倒だった時代を知る者からすれば、隔世の感がありますが、ファンが分散している現在のほうが、まともであるように思います。

さて、その黒田投手ですが、ボールを微妙に動かして打たせて取るピッチングについて、一人の打者に対する平均投球数に着目してみました。

  <両リーグ防御率ベスト5投手の一人の打者及び1イニングにおける平均投球数>

  菅野(巨)    3.73  14.34
  前田(広)    3.79  15.21
  大野(中)    3.97  15.53
  ジョンソン(広) 4.08  16.51
  藤浪(神)    3.83  15.68
  ディクソン(オ) 3.99  15.62
  大谷(日)    3.86  14.70
  牧田(西)    4.05  16.97
  レイ(楽)    3.93  15.76
  西(オ)     4.00  16.22

これ以外でも、先発ローテーションに加わっている投手のほとんどが、一人の打者に対する投球数が3.7~4.1の間に収まっています。
ところが、黒田投手の場合、3.56と突出した数字を残しており、1イニングを15.09でまとめる投球の術を感じます。

それだけじゃありません。
前田健太投手も含め、他のピッチャーの数値が昨年よりも改善されているのです。

  <カープ投手の一人の打者及び1イニングにおける平均投球数 昨年との比較>

         2014年       2015年
  前田   3.84  15.33    3.79  15.21
  大瀬良  3.92  16.80    3.70  15.76
  野村   3.97  17.66    3.54  15.69

投手コーチがあれこれ指導するよりも、すぐそばにお手本がいるってことが、どれほど素晴らしいことかを痛感いたします。
前田は当然として、大瀬良・野村の今後の活躍に注目です。