都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

コント「白バイ隊」

上司「去年から白バイはBMW社の電動タイプに切り替わったけど、私はどうも国産でなければとこだわってしまう。そこで、諸君に相談だが、何か良い知恵はないか?」

部下A「それって、排気ガスの問題ですよね。選手にマスクをさせては如何でしょうか?」

上司「確かにコロナだからな。一石二鳥じゃないか」

部下B「いや、それじゃ、陸連が納得しないでしょう。記録が出なくなってしまう。顔も分からないから、家族からの評判も悪いだろうし」

部下C「うん、地元じゃビデオレターみたいに思ってますからね、箱根駅伝のこと」

上司「神奈川県警としては、なんでも警視庁の指示どおりにすることはないと考えている。多摩川を越えてしまえば、こっちのもんだから」

部下D「パトカーでいいんじゃないですか?本官はイヤなんですよ。痒くても掻いちゃいけないってルール。雪が降ったら、どうせバイクじゃないんでしょう?電気自動車なら国産がいろいろあるし」

上司「だけど、レースを妨害する輩が出てきたら、白バイの方が対応しやすいんだ」

部下E「私は、低速でチョロチョロ走るのが苦手でして…暴走族上がりなもので」

部下D「ですよねぇ、白バイはゆっくり走るのには向いてない」

部下A「だったら、自転車はどうでしょう?エコだし。スピードも結構出ますよ。電動アシストってのもある」

上司「それなら、県警の独自性もアピールできるな。小泉進次郎が喜びそう。地元だし」

部下B「その場合、制服も変えなきゃいけませんね。あの青いヤツだと見た目がヘン」

上司「いやぁ、予算がないんだ。今年は、自粛自粛で反則金が集まらなかったからなぁ」

部下A「自転車連盟にやってもらう方法がありますよ」

部下B「それだと万が一の暴漢対策がねぇ」

部下C「私の家族は、毎年楽しみにしてるんですよ。お父さん、カッコいいって」

部下F「警察官の中には、箱根駅伝の白バイに憧れて応募した者も多いと聞いています。それに、駅伝やマラソンがないと、休日出勤手当がなくなってしまう」

上司「う〜ん??」

 

なーんてこと、あるわけありませんよねぇ?