都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

神の手

日本大学の医学部へ三浪して入学したというプロフィールには、悪意を感じてしまいます。
これ、気が悪いでしょうね、日大医学部OB.
三浪ってのも、わざわざ付け足す必要があるのでしょうか?
だけど、『神の手』であると。
つまり、こいつ頭は大したことないけど、あり得ないくらい手先が器用なんだと言いたいらしい。

言いますかねぇ、そんな紹介の仕方。

  「こちらは家柄が悪いんだけど、身体が頑丈で、小中高と一度も風邪を引いたことないの」

ってお見合い、行きますか?
うーん、行くか、行きますね、それは立派な長所だ、そういうことか。
いや、大事です、精密な仕事ぶり。
そして、相手がどんなにエラい人でも、動じない精神力の持ち主らしいのも間違いない。
普通、断りますもんね、そんなアウェーな仕事。
国民栄誉賞もののナイスジョブでありました。


今回のことで、外科手術の場合、賢すぎる肩書きが何の意味もないことを学びました。
すんげぇ美人だと、ほかの面でもステキに思えてしまうけど、それは間違いなのであります。