都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

ギャンブル依存症

現在、日本におけるパチンコ屋さんは、9,639店だそうです(2019年12月末)。

ピーク時には、娯楽の王様なんて言われておりましたが、ジリジリと競技人口が減ってはいるようです。

業界としては、平日の昼間がポイントなので、主婦や年金生活者をターゲットに戦略を練っています。

子供を駐車場に放置したり、サラ金への借金が社会問題になったりしても、それが大きく扱われないのはなぜでしょう。

店内に銀行のATMが設置されている店だって、認められているんですよ。

実は、パチンコチェーンストア協会というものがあって、これの政治分野アドバイザーとして、与野党から40名の議員が名前を連ねています。

こうした人たちが、議論に蓋をしているのだと思われます。

また、財団法人保安電子通信技術協会(通称:保通協)は、パチンコやパチスロなどの遊技機の試験・検査を行う組織ですが、これは警視総監の天下り先となっています。パチンコの換金問題が黙認されているのも、こういう背景があるからです。

そして、多大な広告料を受け取るメディアの存在。ズブズブですね。

 

お隣りの韓国でも、いっときは15,000店のパチンコ店があったけど、2006年秋に全廃され、今では一軒もありません。

廃止の理由は、依存症から国民を守るということでした。

年金の人はねぇ、夏井先生の本でも買って、勉強するといいと思います。